New おうちコーディネート かんりす

アクセントカラー

模様替えNew

出逢いに感謝★
ポチっとしてくれたら嬉しいです(*^^)↓↑↓↑

Pocket

おうちカラーで紹介したお部屋のカラーをコーディネートするコツ。

ですが、まとまりすぎていると
全体のイメージがぼやけてみえてしまう
という弱点があります。
この弱点を解決する方法は

アクセントカラーを使うこと。

お部屋全体の色調に変化を付けて
引き立ててくれる「アクセントカラー」を効果的に使うと、
ぼやけて見えてしまうお部屋に
変化をつけることができちゃうのです!

アクセントカラーの効果的な使い方



まずはイメージをしてみてください。

真っ白な壁に真っ白な床
何もないこのお部屋に
赤いクレヨンで一本線を描きました。

イメージの中の赤い一本線はひと際目立っていますよね。
これが
アクセントカラー】です。

このようにアクセントカラーを上手に取り入れることで
殺風景なお部屋にインパクトを付けることができます。
あれもこれも…とアクセントカラーを使うと
ごちゃごちゃしてしまうので
お部屋全体をイメージしながら読んでくださいね(゜o゜)

反対色を使おう

ブルーのソファに
反対色の黄色のクッションを置いた場合、
のクッションは強いアクセントになります。

強調されすぎる時は、
黄色の同系色であるオレンジなどを取り入れて、
グラデーションのようにコーディネートをすると
アクセントが引き立ちながらも
全体がよりスッキリとまとまります。

同系色を使おう

反対色でのアクセントカラーが強く感じられる時は、
同系色で合わせます。

例えば、
グリーンのソファに
黄緑色のクッションを置くと、
一体感が増して落ち着いた印象になります。

ここで間違えてはいけないのが
グリーンのソファに
グリーンのクッションを置くことです。

同系色のカラーでも
全く同じカラーにしてしまうと同化してしまい、
アクセントの意味を成しません。
グラデーションを意識して同色ではなく、
同系色のカラーを選びましょう。

小物使いで効果UP!

アクセント
※この画像が気になり、施工のお問い合わせは、
かんりすのホームページ 資料・メルマガ・その他のお問い合わせ・ご要望
からお問い合わせをお願いします。※

アクセントカラーは
クッションカバーやカーテンの他に、
花瓶に生けた花やテーブルクロスなどの
小物で投入するのも効果的です。

アクセントカラーとして使いたい色が決まったら
その色を随所に取り入れてみてください。
統一することで一体感があり、
まとまったお部屋にすることができます。

おうちをアレンジ

アクセントカラーは
お部屋をスッキリとした印象に変えるための
必須項目。

リビングは青色
子ども部屋は黄色
寝室はオレンジのように、
お部屋ごとにカラーを変えてもおもしろいですね。

大事なのは帰ってきた時に
落ち着くお部屋にすることです。

まずはひとつ、お試ししてみてくださいね(^^♪

※わたしがお仕事をしてる「かんりす」は
賃貸管理専門店をメインに、
新築・リノベーション・リフォームなどの建築業、不動産売買の
仲介業を行っております。

かんりす ホームページはこちら

タイトルとURLをコピーしました