New おうちコーディネート かんりす

おうちカラー

色New

出逢いに感謝★
ポチっとしてくれたら嬉しいです(*^^)↓↑↓↑

Pocket

同じインテリアスタイルとレイアウトであったとしても、
おうちのカラーによって
お部屋のイメージってガラッと変わってしまうもの。

心理的作用でも
カラーは大きな役割を占めるのです。
人それぞれが
生まれ持った色(肌・瞳・髪)と雰囲気が似合う色を見つける
パーソナルカラー診断
なんていうのも流行っていますよね。

[このお部屋はなんか落ち着かない…]
なんて経験ありませんか?

【家】
というのは落ち着く場所であるべき
とわたしは思います。

自分にあったおうちカラーの決め方を見てみましょう(^^♪

おうちの中のカラーを決めよう!




まずはおうちの中のカラーを決めましょう。

お部屋の中のカラーって
ベースカラー
メインカラー
アクセントカラー
大部分がこの3つのカラーで決まってくるんです。

「ベースカラー」は、
天井や壁、床のカラーを、70パーセントの配分にします。

「メインカラー」は、
カーテンやソファなどのカラーを、25パーセントの配分にします。

「アクセントカラー」は、
クッションなどのファブリック、小物や雑貨によって
メインカラーを引き立てるカラーになり
5パーセントの配分にします。

部屋をスッキリとしたイメージになるように
イメージをして
まずはこの3色を決めてみましょう。

色の視覚的効果

カラーコーディネート※この画像が気になり、施工のお問い合わせは、
かんりすのホームページ 資料・メルマガ・その他のお問い合わせ・ご要望
からお問い合わせをお願いします。※
同じ大きさでも
大きく見えるのが「膨張色」
小さく見えるのが「収縮色」
になります。

例えば、お部屋の天井や壁面、
床の色として一般的なのが白色
白色は膨張色なので
お部屋を広く見せてくれる効果があります。

開放的なお部屋を作りたい時は、
や暖色系のオレンジ黄色などの
「膨張色」を使うのがおすすめです。

反対に濃いグレーは収縮色なので、
圧迫感を感じ、
部屋が狭く感じる効果があります。
シックな印象の部屋を作りたい時は、
や寒色系のグレーブルーなどを使うと
引き締まったイメージになります。

コンクリート打ちっぱなしのおうちを
イメージしてみてください。
スタイリッシュなイメージが湧きますよね。

自分の色さがし

わたしこの前、
某レストランのトイレに入ったんですが、
濃い赤濃い深緑の壁に
どうにもこうにも落ち着かなくて
早くここから出たい…って思っちゃったんです。

わたしに合っていなかったんでしょうね(;・∀・)

パーソナルカラーで
外観的に自分に合う色をみつけて
その色に自分が染まるのも、
自分が安心する色に染めるのも
どちらも正解です。

おうちの中の色を
うまく自分色にコーディネートしていくことで、
落ち着ける空間を作ってもらえたら
嬉しいです(^^♪

※わたしがお仕事をしてる「かんりす」は
賃貸管理専門店をメインに、
新築・リノベーション・リフォームなどの建築業、不動産売買の
仲介業を行っております。

かんりす ホームページはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました